ネガティブな感情

女性 バタフライハグでは、ネガティブな感情をもたらす右脳の暴走を抑え、左脳の働きを活発化させます。そのため、仕事で失敗して凹んだり、受験で緊張しているときにもこのバタフライハグが優れた効果を発揮して心を安定させます。

詳しく見る

自分で自分を抱きしめる

悩む男性 バタフライハグは、両腕で自分を抱きしめて心を落ち着かせる行為です。リラックス効果を実感することができ、メンタル強化に役立ちます。正しい方法で実践することでうつ症状を緩和したりリラックスできるなど、さまざまな効果を期待できます。

詳しく見る

トラウマ治療

診察 一人で何も道具を使わずにできるバタフライハグは、効果的なメンタルケアの方法として普及しています。腕をクロスして肩を交互に叩くだけで、心に支配している不安やネガティブな気持ちを鎮めることができるのです。

詳しく見る

トラウマから逃れる方法

ハートと聴診器 トラウマから逃れる方法に利用されるのが、バタフライハグです。両手を胸の前でクロスさせ、リズムよくたたくことで、精神が落ち着くと言った方法です。今では医療機関も利用するようになった効果的な方法となっています。

詳しく見る

うつ病やPTSD

カウンセリング

誰でも簡単にできる治療法

震災や台風などの災害や犯罪や事件などに遭遇することで、心に大きな傷が残ることがあります。そして苦い経験がトラウマとなり、うつ病を発症したりPTSDの原因になる可能性が出てくるのです。また普段の生活の中でも小さな経験でも、トラウマになることが証明されてきているのです。そしてトラウマがあると受験だったり就職活動や恋愛などに自信が持てなくなり、思うような結果が出なくなり悩んでしまう方も多いです。そこで今トラウマから解放される手段して、注目されているのがバタフライハグです。バタフライハグとは自分の腕を交差させてかわるがわるに両肩をたたく行為です。この行為を行うことで精神的にポジティブになり、うつ病などの改善につながるのです。年齢や性別に関係なく誰でも簡単に行うことができて、効果があることから精神科で取り入れています。バタフライハグを行うには特にツールなども必要なく自宅でもどこでも行うことができます。しかしバタフライハグを行う場合は医師の診察を受けた上で、それぞれの症状に応じて実施していくことです。うつ病ややPTSDやストレスで悩んでいる方の治療法のひとつとして、効果が確認されているので専門医と相談して行ってみることです。

ネガティブな経験をするとそれがトラウマとなり、その記憶が何度もフラッシュバックして当人を苦しめます。しかしバタフライハグを行うことで過去の嫌な経験を忘れさせてくれて、心を癒すことができることができます。バタフライハグはどこでもできるので日常生活の中に取り入れてトラウマから解放されます。そして毎日の生活の中で何時に行うのか決めておくといいです。またその場合深呼吸を行うことで、心も身体もリラックスさせることができます。それからバタフライハグができない状況では、他の体操などを行うことでも効果があります。そしてうつ病などの精神疾患を患っている場合は、クリニックでの十分なサポート体制のもとで治療していくことです。バタフライハグは自分1人でできますが、それだけでは十分でない場合もあるので、医師と相談してみることです。また仕事や日常でイライラしたりストレスを感じた場合もバタフライハグを行うといいです。目をつぶって自分の好みのものや好きな人などをイメージして行うとより効果的です。お風呂の中でも布団の中でもリラックスして行うといいです。子供でもシニアでも誰にでも効果があり、費用もかからないので専門医と相談して行うことをおすすめします。